シロアリ駆除しないと、床下に様々な被害が起きてしまう

sp_main

床下に起こる症状

シロアリが家に侵入してくる場合は、床下から入り込んでそこで生息してしまうのです。生息するだけでなく、床下の木材を食べて腐食してしまいます。腐食すると様々な被害が起きますが、実際にどのような被害があるのかイメージできないでしょう。被害を受けたことがある人達の話を参考にして、床下にどのような症状が起こるのか把握してください。

被害に遭った人の口コミ

床下がブヨブヨしていて、ただの湿気だと思っていたけど、シロアリだった。シロアリ駆除業者に見てもらったら、結構色々な場所が食べられていた。目に見えない所だったので最初はシロアリだとは思わなかったので驚いた。

気づいたときには遅かった・・・(30代/女性)

シロアリは木造住宅にしか発生しないと思っていたから油断していた。自宅の床下はコンクリートだけど、隙間から侵入して床下に巣を作っていました。コンクリートには被害はないですけど、それ以外の箇所が腐食していました。

コンクリートにも巣を作っていてびっくり!(20代/女性)

羽アリは種類によって発生時期が異なっていて、ヤマトシロアリの羽アリは4月から5月の春にかけて発生します。イエシロアリの羽アリなら6月から7月の湿気の多い時期で、アメリカカンザイシロアリの羽アリは7月から10月と他に比べて発生時期が長いです。羽アリが発生する時期はこのようになっていますが、シロアリ自体は1年中活動しているでしょう。ですから、羽アリが発生しない時期だからといって、シロアリがいなくなった訳ではないので気をつけてください。

発生しやすい時期

シロアリが自宅の床下に現れるのは、シロアリにとって過ごしやすい環境だからです。床は暗くて風通りが悪いので、湿気がこもっているでしょう。このような環境はシロアリに最適なので、床下でよく発生してしまうのです。最近では、床暖房や断熱材を使用している家が増えています。それによって床下の湿度が高くなってしまい、1年中快適に過ごしやすくなるのです。家の他の場所にも現れますが、その中でも家の下が一番現れやすいでしょう。"

top button