シロアリ駆除業者が行なう駆除には2通りの方法がある

sp_main

シロアリ駆除の基礎知識

ベイト工法

シロアリ駆除業者では様々な駆除方法を取り入れていて、その中にはベイト工法というものがあります。これは1995年にアメリカで導入している工法で、ベイト剤というシロアリを駆除する薬剤を使用しています。

人体に影響がないから安心

ベイト剤は虫にだけ効果があるため、人体に影響はないので安心してください。ベイト剤は毒餌ですが、直接食べていないシロアリにも効果があるので全て駆除することが可能です。

シロアリ駆除効果は時間がかかる

ベイト工法は時間をかけて行なう駆除方法ですから、長くて3ヶ月かかります。そのため、効果が現れるまでシロアリを見かけることがあるので注意してください。

被害を予防する農薬不使用のシロアリ駆除

シロアリ駆除を行なう業者で使用している薬剤には、農薬などの化学薬剤が含まれています。農薬には作物を害虫から守る効果があるため、駆除に最適なのです。
しかし、最近では、農薬を使用しない方法でシロアリの駆除を行なうようになりました。農薬をほとんど使用しないため、効果があるか不安に思う人も多いです。ですが、農薬と同じように駆除を行なうことができますし、被害を予防する効果が含まれていますから問題ありません。

シロアリ駆除価格を抑えられる施行方法

シロアリ駆除の方法には、ベイト工法の他にケミカル工法というものがあります。

ケミカル工法の特徴をおしえてください。
この方法は、家の柱や床下に薬剤を塗布したり、地面に薬剤を注入したりしてシロアリを駆除する方法です。駆除だけでなく、薬剤を使用した箇所には、害虫が近づいてこないので駆除と予防の2つを行なえるメリットがあります。駆除業者が行なうケミカル工法は、5年は薬剤の効果があるので長期間被害が起きないようにすることができます。1度の工法で被害が起きなければ何度も駆除する必要がなく、今後は業者に依頼する必要がないため料金を抑えることが可能です。
top button