シロアリの被害を予防するための方法を身につけましょう

sp_main

5年に1回は再発予防をしましょう

新築の木造住宅にはシロアリの被害を防ぐ予防策が行なわれていて、すぐに被害にあうことはありません。
被害の発生率が影響しているので、それを目安にしておくと安心です。

予防効果を高める2つのポイント

木造住宅は、蟻害を予防するための薬剤の効果が切れるとすぐにシロアリの被害にあうことが多いです。そのため、5年毎に被害を防ぐ薬剤を使用するようにしてください。再発防止を行なわないと被害が発生する確率が高くなり、築10年の住宅だと被害が発生する確率は20%になるのです。築20年だとさらに上がってしまい、30%の確率で被害にあうので早めの予防が必要になります。薬剤の効果が切れる前に予防することで、被害を未然に防ぐことができシロアリを見かけることなく生活ができるのです。

いくら駆除をしたとしても環境を改善しなければ、再度シロアリが巣を作ってしまうかもしれません。そこで、2つの要点を押さえて予防をしましょう。

top button